写真と声集No.2『被災した女性たちが提示する防災・復興の課題ー東日本大震災のフォトボイス』

写真と声集No.2『被災した女性たちが提示する防災・復興の課題ー東日本大震災のフォトボイス』

2011.3.11 東日本大震災から10年・・・

東日本大震災の発災後も日本各地で地震が起こりました。

熊本地震、大阪府北部地震、北海道胆振東部地震などを経験し、ここ数年は前例のない豪雨が毎年のように日本列島を襲い、豪雨災害が頻発しています。

災害の経験を女性の視点で提示している  ―写真と声集No.2『被災した女性たちが提示する防災・復興の課題ー東日本大震災のフォトボイス』-  を手に取って、防災について考えてみませんか?

東日本大震災で被災した女性たちが撮った写真と声(メッセージ)の写真集 写真と声集No.2『被災した女性たちが提示する防災・復興の課題ー東日本大震災のフォトボイス』(定価2500円)(2018年2月10日発行)をぜひとも手に取ってごらんください。

 

写真と声集No.2『被災した女性たちが提示する防災・復興の課題ー東日本大震災のフォトボイス』
(定価2500円

 

在庫が少なくなってきたため、お早めにご注文をお待ちしています。
・ご注文・お問い合わせは:mail:  photovoicejapan@gmail.com  まで。

 

【オンライン展示&ワークショップ】2020年度「男女共同参画推進フォーラム」 in ヌエック(国立女性教育会館)オンライン開催

フォトボイスのオンライン展示

(ワークショップ受付も開始)

今年度のヌエック(国立女性教育会館)男女共同参画推進フォーラムは、すべてオンラインとなりました。

開催期間 8/27(木)~9/26(土)ヌエックホームページ https://www.nwec.jp/

NPO法人フォトボイス・プロジェクトは今年も出展しています。

展示タイトル

【東日本大震災から10年ー被災した女性たちの写真と声
     震災の影響、長びく避難生活、防災・復興の課題】

ぜひご覧になってください。

※閲覧・参加の申し込みは、ヌエック(国立女性教育会館)特設サイト経由に限られます。

(下記をご覧ください)

ワークショップテーマは、【若い世代に震災経験と防災を伝える意義と課題とは】です。

被災した女性自らの視点で撮影した写真と声(フォトボイス)を用い、大学で震災経験と防災・復興に
ついて出張講座を実施しました。若い世代がどのように受け止めたのかを検証し今後の課題を考えます。

ワークショップは、Zoomライブ配信で行います
9月11日(金) 14:00~15:30
9月19日(土) 13:30~15:00

こちらも、ぜひ、ご参加ください。

—————————————————————————

NWECフォーラム2020
独立行政法人国立女性教育会館

◆令和2年度男女共同参画推進フォーラムの参加の仕方◆

1 令和2年度「男女共同参画推進フォーラム」

特設サイト申込フォームに移動

https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=pakg-lcqitb-6558d003fb7207069537af418f35af01

2 申込フォームにお名前やメールアドレスを入力し、送信。

3【国立女性教育会館】より

「男女共同参画推進フォーラム」特設サイトURLのメールが届く。

4 メール内の特設サイト:http://nwecforum2020.com/をクリック。

ユーザー名とパスワードを入力。

5 特設サイトへ移動

<これ以後、展示と情報の広場は自由にご覧になれます>

NPO法人フォトボイス・プロジェクトの出展ナンバーは、ワークショップW16・展示P12・情報の広場J20です。

◆ワークショップの申し込み方法◆

1 特設サイトのワークショップをクリック

2 安心安全な社会づくりをクリック 

3 W16「若い世代に震災経験と防災を伝える意義と課題とは」をクリック

下記のようにフォトボイスに直接お申し込みください。

 

 

 

 

 

 

 

申込み用メールアドレス:photovoicejapan@gmail.com

===========================================