【イベント情報】2018年8月31日(金)ワークショップと展示のお知らせ@独立行政法人国立女性教育会館(略称ヌエック) 男女共同参画推進フォーラム

8月31日(金)の独立行政法人国立女性教育会館(略称ヌエック)の

男女共同参画推進フォーラムにてワークショップと展示を実施します

ぜひ、ご参加のうえ東日本大震災8年目の現状と課題を共有していただければ幸いです

 

日時:2018年8月31日(金)15:30~17:30 研修棟2階206 詳細はこちら

プレゼンター:

snowyさん(福島県中通りから東京に避難)

ゆ き さん(福島県郡山市)

自分の写真と「声」を紹介しながら、被災や避難の経験、現状と今後の課題を提起。参加の皆さんと共に考えます。フォトボイスとはどのようなものか、手法の紹介もします(湯前知子 フォトボイス・プロジェクト共同代表)

テーマ:被災した女性たちのフォトボイス(写真と声)を通して

―東日本大震災から8年目の現状と課題を考える

 

*ワークショップ内容

○写真と「声」を通して報告

 プレゼンター:snowyさん(福島県中通から東京へ避難)

         避難の実情と現状と課題

        ゆき さん(福島県郡山市)

         郡山でくらしてー郡山で起きていること

お二人の意見交換、会場参加者との質疑、意見交換

 ○フォトボイスとはーフォトボイスの手法について解説と例示

  スクリーン投影にて写真と声の紹介等含む

*小規模展示もします

2018年8月30日(木)~ 9月1日(土) 研修棟2階展示コーナー

被災各地・東京のフォトボイスグループのメンバーの写真と声です

東日本大震災と男女共同参画の一端も展示

――――

なお、竹村和子フェミニズム基金の支援を受け刊行した

写真集2『被災した女性たちが提示する防災・復興の課題』も紹介

========